パトロン欲しい ~パパ募集したい女性に探し方をお教えします~

パトロンとはどのような存在かというところから始まり、パトロンの探し方や、彼らとの付き合い方、どういうタイプの女性が援助を受けやすいのかなど、パパ活について総合的にお伝えします。

パトロンと出会うには?探せる場所や作り方のコツ

パトロンと出会うには?探せる場所や作り方のコツ

パトロンといえば、一般的に男性が女性に対して支援や援助をするイメージを持ちます。しかし、その逆パターンである女性が男性を支援することも少なくないようです。どこで見つけるのか気になるところですよね。

携帯やスマートフォンがなかった頃とは違って近年では、出会い系サイトや専用の掲示板を活用したり、身近なイベントに参加したりして、気軽に相手を見つけられる時代になりました。

どういう関係の人をパトロンというのか、どうすれば作れるのか、最近よく聞くようになったパパ活との違いなど詳しく見ていきましょう。

パトロンとは? 元々の意味と、現代での使われ方

本来、パトロンというのは芸術家やクリエイター、慈善団体など経済的な援助を必要とする人に対してお金を出す、いわゆるサポーターを意味します。つまりスポンサーのことで、男女の関係があるかどうかは関係なく、支援する人をさす言葉でした。

現代社会では、女性にお金を援助してあげる男性をパトロンと呼ぶことが一般的です。以前は、水商売をしていた女性がお客さんである男性から、お金を貢いでもらうというパターンが多かったですが、近年は普通のOLや女子大生でもパトロンを募集しています。インターネットが普及したことにより、簡単に支援者を探すことができるようになったのも理由の一つでしょう。

決して肉体関係を結ぶのが鉄則ではなく、例えば一晩一緒に過ごすことで、食事をご馳走してもらったりお小遣いをもらったりします。あるいは愛人のように、高級なバッグや洋服をプレゼントしてもらうこともあり、場合によっては車やマンションをあてがわれることもあります。

そのあたりの付き合い方は人それぞれ違いますし、パトロン側がどこまで見返りを求めるかというのも、かなり個人差があるでしょう。

パトロンの存在。純粋な支援目的の女性も多い?

fan

今でも男女関係が目的ではなく、純粋に支援してもらうことを目的とする女性もたくさんいます。経済面で厳しいシングルマザーや学生などが、少しでも援助してもらいたいと思って、パトロンを募集するケースも少なくありません。

また、アイドルを目指している女性が、支援を求める場合も少なからずあるでしょう。ファンとして応援したい、夢を叶える手助けをしたい人がパトロンになるケースです。

今は不景気が続いていますから、女性にとっては同世代の男性よりも、経済的に余裕のある年上男性が、魅力に感じたり関係を結びたいと思ったりします。

恋愛や結婚においても、近頃は草食系男性が増え、女性から積極的に出会いの場へ出向くことが多くなりましたが、なかなか婚活がうまくいかず疲れている女性も増えていると聞きます。ですので、愛はないけど生活のために、割り切った関係を続けたいという人もいるようです。

どのようにパトロンを探すのか?最適な方法とは?

パトロンが欲しいと思った時に、どんな方法で探していけばいいのでしょうか。学生やフリーターであれば、比較的時間に余裕があると思うので、アルバイトをしながらじっくり探すこともできるでしょう。しかし日中に働いている女性の場合は、パトロンを探せる時間にも限りがあります。

また、決して表立って付き合える関係ではないでしょうから、知人や友人にバレることも避けないといけません。そのため、職場の上司や得意先、友人の友人といった繋がりで関係を結ぶのはリスクが高いでしょう。

出会い系サイトや掲示板、あるいはコミュニティサイトやSNSといった、いわゆるインターネットを通じて出会える場所で探すことが得策でしょう。誰にも知られることなく関係を結ぶことが可能です。

pc

決して誰でもいいということはないでしょうし、例えば支援を重視するのであれば、それなりに年上であっても経済的に余裕のある男性を探す必要があります。逆に、援助もしてもらいながら、一緒に遊んだりデートをしたいと考えているのであれば、自分より少し年上ぐらいの男性を探すのがいいでしょう。

最近では、スマートフォンの出会いアプリでも気軽に相手探しができますが、若い世代が利用する傾向にあります。30代くらいの比較的若い相手を探す場合には適していますが、50代60代の相手を探すならパソコンで利用できるサイトが無難でしょう。

どんな出会い系サイトや掲示板を利用する?

出会い系サイトや掲示板でパトロンを探すにあたって、どういったサイトを利用すればいいのでしょうか。まず必須条件となるのが、信頼できるサイトを選ぶことです。出会い系サイトが普及したことで、どうしてもネットによるトラブルや犯罪行為が増加している傾向にあるので、悪質なサイトを利用してしまうと面倒な被害に遭ってしまう恐れがあります。

また、管理や運営がしっかりとされていないサイトは、悪質ユーザーや業者が野放しになってしまう可能性が高く、色々なトラブルに巻き込まれるリスクが生じてしまいます。それでは、パトロンを探す云々以前に、まともに出会うことすら難しくなってしまうので、利用すべきではありません。

お勧めできるのは大手で実績があり、評判も良い有名サイトです。サクラなどの悪質行為もありませんし、運営や管理もしっかりされていて、悪質ユーザーや業者が入りづらい対策が行われています。安心してパトロンを探すことができます。

「インターネット異性紹介事業」としての届出がされている場合、出会い系サイト規制法に則って運営しているという証しになります。100%トラブルが起こらないというわけではありませんが、安全なサイトを選ぶうえでの指標となるでしょう。

パトロンを探す手順や方法について

信頼できる出会い系サイトや掲示板を見つけたら、まずは積極的に書き込みをしましょう。名前は本名を書く必要はありません。女の子らしいハンドルネームを使いましょう。また、出会い系サイトは自身のプロフィールを設定することもできるので、必ずそちらもしっかりと書くようにしましょう。学生かOLか、どんな職業か簡単な自己紹介に加え、オリジナリティーを出すために「ドライブが好きです」「テニスやってます」などと趣味や特技も一言書き加えるとよいでしょう。

大事なのは、男性に「この子と会いたい」「この子なら合いそう」と思ってもらうことなので、会える場所や時間帯などの条件も忘れないでください。イメージしてもらいやすくするために、体型や似ている芸能人などを書き込むのもいいかもしれません。自分のことを知ってもらうことで、男性の興味を惹きつけることができます。

パトロンを作れる女性の特徴

男性は少しでも魅力を感じる女性を援助したいと思うでしょう。どんな女性でもいいというわけではありません。ある程度外見を求める人もいれば、とにかく内面を重要視する人もいますが、基本的には親しみを感じられるような、明るいフレンドリーな女性を好む男性が多いです。

多少か弱いくらいは良いと思いますが、暗い雰囲気の女性は好まれないでしょう。あまりに堅すぎる口調で話したり、過度に恐縮したりするのも良くありません。もちろん、基本的なマナーはちゃんと守らないといけないので、馴れ馴れしすぎるのもダメです。

男性にモテるというだけでなく、援助を引き出しやすい女性の特徴をいくつか挙げてみました。

  • あまり恐縮して他人行儀になりすぎない。
  • フレンドリーで話しかけやすい雰囲気で、外食のときもお店の人への愛想がいい。
  • 無邪気さがあり、気安い、よい意味で馴れ馴れしいなど、心地よい距離感を保ってくれる。

パトロンを希望する男性は、頼りにされることが一番嬉しいです。女性に援助してあげているという事実を通して、自分の財力や甲斐性、男としての魅力をアピールしたいのかもしれません。

ですから、高価なプレゼントをもらって恐縮するよりは、無邪気に大きな声で喜びを表現してあげましょう。同様に「いつもいただいてばかりで申し訳ないわ……」という態度より、困ってるから助けて!と、どんどん頼りにしたほうがよいでしょう。

パトロンになってくれる男性の条件とは?

男性にパトロンになってもらうには、それなりのお金を持っていることは大前提となりますが、それだけでは不十分です。たくさんお金を持っている人でも、あまり使わないという人もいますし、どんなにお金を貯め込んでいても、ケチケチしていて他人のためにはビタ一文使わないというタイプの人もいます。

そんな男性は、残念ながらパトロンになってくれる可能性は低いです。パトロンおじさんになってくれるような男性は、日常のささいな行動からも太っ腹なところが滲み出ています。お金を持っていて、尚且つ自分が気に入った女性には、惜しみなく援助をしてくれるでしょう。

また、一見ただのおじさんに見えても「こんな素晴らしい一面があったのね」と思わされる隠れた魅力があるようです。その中でも特に、年が離れた年輩の人は、若い女の子を可愛がってくれる傾向があります。

自分の娘ぐらいの年齢の女性は、やはり可愛いと思うものですし、少しでも助けてあげたいという気持ちになります。女としてより、娘や孫のように、もしくは未来のある若者として、純粋に応援してくれることも珍しくありません。

パトロン関係を結ぶためにセックスは必須か?

もしパトロンの関係を結ぶのであれば、やはりセックスは必須となるのでしょうか。男性に支援をしてもらう以上は、女性からすれば何かお礼をしなければいけないと思うでしょう。愛人の場合はほとんどがセックス込みの関係ですが、パトロンとの関係は一概に言えないところがあります。

ただ、そのあたりは人それぞれ考え方が違いますし、セックスを求める男性もいますが、一方でデートをしたり一緒に過ごしたりするだけで、十分満足できるという男性もいます。純粋にパトロネージュすることに意義を見出している慈善家もいれば、軽い付き合いだけで満足するパターンもあるからです。

そこから関係が進んでいくことで、肉体関係を持つようになる可能性もありますが、最初からそれを目的としていないのがパトロンといえるのではないでしょうか。

よく、パトロンは援助交際と同じように思われることもありますが、実際は異なる存在です。セックスが目的の関係ではないということを覚えておいてください。たとえ二人の間に肉体関係が生まれたとしても、それは援助したりされたりする中で、特別な感情が芽生えたための行為だという解釈です。

パトロンを作る上で注意すべきこと

当然ですが、全ての男性が必ずしも信用できるとは限りませんし、中にはパトロンを装って完全に女性の体だけを目当てにしているケースも珍しくありません。場合によっては、より悪質な犯罪行為を企む人も存在するかもしれないのです。

denwa

男性と出会う際には事前にしっかりとコミュニケーションを重ね、信頼できると確信できるまでは、安易に出会うべきではありません。これはパトロンだけに限らず、どういった目的で出会う場合にも当てはまることで、ネットという相手の顔が見えない空間では、どうしても悪質なユーザーが多かれ少なかれ存在します。

最終的にパトロンを作れるかどうかは本人次第

今は、パトロンを出会い系やコミュニティで探すことができるようになりました。支援の形態も、その都度や月極などさまざまです。昔と違って、今は水商売の女性だけがパパを持っているわけではありません。生活は苦しいけれど夢を諦められない若者、シングルマザー、勉強とアルバイトの両立で苦労している大学生など。

しかし、いくらパトロンを作りやすい環境になったとはいえ、やはり何もせず簡単に作れるわけではありません。自分から積極的に行動しないといけませんし、相手に支援してもらえるように努めなければなりません。それがしっかりとできてこそ、初めてパトロンになってもらうことができます。